2015年11月22日日曜日

長崎・南島原で、いせだ参院候補囲み集い 幅広い参加者


 いせだ良子参院比例候補を迎えた集いが11月22日、長崎県南島原市で開かれました。集いは、桑原幸治市議をはじめ党市委員会が宣伝カーも回して呼びかけ、60人が参加しました。集いの感想文を書いた38人のうち8人が「初参加」と記すなど幅広い参加となりました。

 自己紹介から始めた、いせだ候補は「戦争法廃止の国民連合政府」の提案を詳しく紹介。「『国民連合政府』実現へ、日本共産党を大きく伸ばしてください。九州・沖縄で初となる党女性国会議員誕生のため、力をお貸しください」と訴え、大きな拍手を受けました。

 「南沙諸島の問題をどう見ているのか」、「民主党内は(対応が)割れているようだ。本当に国民連合政府はできるのか」、「自民党はなぜ強行採決したのか」との質問や消費税、年金、TPP(環太平洋連携協定)など多岐にわたる意見が出され、いせださんは一つ一つに丁寧に答えました。

 参加者からは「清新な女性候補の、いせださん。その訴えに、参院選への強い意気込みを感じた」などの感想が聞かれました。(しんぶん赤旗 2015年11月25日)