2015年12月16日水曜日

日本の夜明けを筑豊から 参院選勝利へ 田川で市田副委員長迎え演説会



  市田忠義副委員長を迎えた日本共産党演説会が12月16日、福岡県の田川文化センターでおこなわれ、1100人が詰めかけました。党三役による田川での屋内演説会は約40年ぶり。無所属などの地方議員や企業経営者、自治体関係者など、党派を超えた参加がひろがり、市田氏の演説に共感の拍手が盛んに送られました。



  しばた雅子参院福岡選挙区予定候補は、新聞奨学生や大手ホテルで働いたみずからの生い立ちにふれたうえで、「いまから始まる」という自身のキャッチフレーズに言及。国民の手に政治を取り戻すたたかい、戦争法廃止の政府をつくるたたかい、若者がいきいき働ける新しい社会をつくるたたかいが「いまから始まる」と力強く決意を表明。



  いせだ良子比例予定候補は、「私たち母親は戦場に送るために子どもたちを毎日育てているわけではない」と述べ、世界に誇る憲法を生かした国づくりをすすめ、日本の未来を子どもたちに引き継ごうと力説。「日本共産党の躍進が国民連合政府実現の力になる」「なんとしても国会へ」と呼びかけました。