2015年12月18日金曜日

「政治のこと 身近に」 いせだ候補の訴えに共感 宮崎でつどい



 日本共産党のいせだ良子参院比例予定候補が12月18日に宮崎県入りし、松本隆参院宮崎選挙区予定候補と都城市内の二つのつどいに参加しました。

 庄内支部のつどいには、初めて話を聞く人など20名が参加しました。「戦争法のたたかいが強行採決後もずっと続いて広がっていることが分かった」「息子が自衛隊にいる。戦争は絶対にダメ」などの感想が出ました。

 都原支部のつどいには25人が参加。「戦争法と年金が減らされる関係をもっと聞きたい」「マイナンバーについてもっと聞きたい」など多彩な質問が出ました。

 参加者は「政治のことが身近に感じていい話だった。またつどいがあれば参加したい」と感想を述べました。(しんぶん赤旗 2015年12月22日)