2016年1月28日木曜日

暴走政治許さないの願い託してほしい いせだ参院比例予定候補が天草・苓北で訴え 熊本県


 日本共産党の、いせだ良子参院比例予定候補は1月28日、熊本県天草市と苓北町を駆けめぐり、戦争法廃止の国民連合政府の実現に力を合わせようと呼びかけ、参院比例代表での日本共産党と、熊本選挙区の無所属市民・野党統一の、あべ広美予定候補への支持を訴えました。


 いせだ氏は、安倍政権が戦争法はじめ消費税大増税、TPP(環太平洋連携協定)、原発再稼働と国民の願い、声と正反対の暴走を続けていると批判。共産党の躍進が自公政権を倒す確かな力になるとして「どの一点共闘でも国民の声に応え、力を尽くしてきた共産党に願いを託してください」と訴えました。



 いせだ氏は、団体や自治体も訪問し、苓北町では、田嶋章二町長と懇談。地域振興や少子化対策について意見交換しました。団体訪間では、建築労組や民主商工会などをまわりました。

 蓮池良正天草市議、石田みどり苓北町議らも参加しました。(しんぶん赤旗 2016年1月30日)