2016年2月14日日曜日

国民の顔見える政治を 真島衆院議員、いせだ参院比例予定候補迎え演説会 長崎・松浦



 長崎県の日本共産党北部地区委員会は2月14日、真島省三衆院議員を迎え、松浦市で演説会を開きました。

 安江結子市議が司会を務めました。いせだ良子参院比例予定候補は「安倍政権は数の力で憲法違反の政治を推し進めることはできても、私たち国民の声、たたかいを止めることはできない」と参院選勝利への決意をのべました。

 真島議員は「1億総活躍と言っている人たちには、一人ひとりの生活や顔が見えていない」と安倍政権を批判し、「国民連合政府は絶対にあきらめない。国民連合政府実現のためにも党の躍進を」と訴えました。「戦争をさせないという思いから頑張っている生の共産党員の姿を見てほしい」と日本共産党への入党を呼びかけました。

 原口敏彦参院長崎選挙区予定候補は、2000万署名の取り組みを紹介し、「安倍内閣を署名の山で包囲していこう」と呼びかけました。

 演説を聞いて、「子ども、孫、ひ孫、絶対に戦争をさせてはなりません。戦争の怖さがわからない人が多すぎます」との感想が寄せられました。(しんぶん赤旗 2016年2月16日)