2016年3月4日金曜日

解雇や退職拒否増加 いせだ参院比例・しばた選挙区予定候補が福岡県労連と懇談


日本共産党の、いせだ良子参院比例予定候補としばた雅子福岡選挙区予定候補は3月3日、福岡県労連で労働相談員と懇談し、安倍政権の雇用破壊によって労働現場で起こっている問題を聞き取りました。


 相談員らは、解雇や退職強要、賃金未払いのほか、「仕事を辞めさせてもらえない」などの相談が増える傾向にあると説明しました。年休が取れないという相談では、店長が「就業規則はあるがそれは『飾り』だ」と言い放ったほか、妊娠して退職を申し出ても契約期間を理由に辞めさせてもらえなかった事例をあげ、「雇う側も働く労働者もルールをよくわかっていないまま、立場の強い雇い主の側が使いたい放題にしてトラブルが発生している」と語りました。

 いせだ予定候補は「政策や演説にいかしていく。日本共産党はブラック企業規制法案を提出し、躍進した議席の力で規制を大きく進めることができたが、他の野党とも協力して働く権利が守れるよう力を尽くしたい」と語りました。(しんぶん赤旗 2016年3月5日)