2016年3月11日金曜日

原発ゼロ 各地で行動 伊方阻止、全廃炉に いせだ・しばた両参院予定候補が訴え 福岡・北九州市




 東京電力福島第1原発事故から5年の3月11日を中心に、各地で原発に反対する行動が行われました。

 北九州市の、さよなら原発!北九州連絡会は、小倉駅前で185回目のリレートークを行い、日本共産党の、いせだ良子比例予定候補、しばた雅子福岡選挙区予定候補が原発ゼロ、再稼働中止を訴えました。

 いせだ氏は高浜原発運転差し止めの大津地裁判決にもふれ、「今こそ原発をゼロに」と訴え。しばた氏は「原発ゼロに向けて、福島原発事故の痛烈な教訓を今こそ生かす時だ」と語りました。

 いせだ、しばた両氏は13日、同市でひらかれた「さよなら原発!3・13北九州集会」にも参加しました。(しんぶん赤旗 2016年3月13日)