2016年4月2日土曜日

ブラックバイト根絶を いせだ比例・しばた選挙区予定候補が党福岡市議団と懇談



 日本共産党のいせだ良子参院比例予定候補としばた雅子福岡選挙区予定候補は4月2日、日本共産党福岡市議団と「ブラックバイト」や安倍政権の暴走の市政への影響について意見交換をしました。

 いせだ候補は、「辞める時に募集費用を請求されるなど、アルバイトでの明らかに不当な要求の実態を労働組合から聞いている。ブラックな働かせ方をなくすため情報を共有したい」と述べました。アパレル業界でのサービス残業など、市議団がフリーペーパーの全面広告で行っている「ブラックバイト」アンケートに寄せられた回答を聞き取りました。

 中山郁美幹事長が「安倍政権の暴走と、それに直結している高島宗一郎市政に審判を下すため一緒に頑張っていこう」とあいさつ。小学1年生からの英語教育や、人工島などの大規模開発で財界の要求を丸のみする一方、国保の資格証発行率が政令市中1位になるなど暮らし切り捨てをすすめる市政について報告しました。(しんぶん赤旗 2016年4月5日)