2016年4月15日金曜日

住民悩ませ続ける騒音 いせだ氏が新田原基地を視察



 日本共産党のいせだ良子参院比例予定候補は4月15日、宮崎県新富町の航空自衛隊・新田原(にゅうたばる)基地を視察し、地元の「さいと・こゆ平和委員会」の岩元勝也会長と吉田貴行町議から話を聞きました。

 新田原基地は、F4、F15パイロットの養成基地でもあります。タッチ&ゴーの訓練などで発生する騒音が最大約120デジベル。住宅の防音工事は行われていますが、上空を飛行すると電話の声も聞こえない状態です。週2日の夜間飛行訓練もあり、住民は50年以上、昼夜の騒音被害に悩まされています。

 いせだ予定候補は「『沖縄の負担軽減』といいながら実際は基地強化だ」と指摘。古田町議は「基地がある限り、騒音はなくなりません」と強調しました。(しんぶん赤旗 2016年4月16日)