2016年4月15日金曜日

戦争法廃止一日も早く 女性後援会集いで3候補 宮崎



 日本共産党の宮崎県女性後援会は4月15日、野党統一のよみやま洋司選挙区予定候補、いせだ良子、松本隆の両参院比例予定候補を招いて宮崎市でつどいを開きました。

 会場は立ち見の人も出る満席。津島忠勝県委員長が歴史的な参院選だとし、「3候補が並んでいることが何よりの新しい特徴です」と述べると、割れんばかりの拍手がわきました。

 3候補が手を取り合うと、さらに大きな拍手が起こりました。

 よみやま予定候補は、立候補を相談した知人から「長いものに巻かれるのが賢い」と助言されたものの、「間違っていることが行われているのを是認はできない」と決意したと述べ、「安保関連法(戦争法)の一日も早い撤廃を」と訴えました。

 いせだ予定候補は、熊本地震にお見舞いを述べ、田村貴昭、真島省三の両衆院議員が現地に入ったことを報告。その上で、「安倍政権は数の力で強権的に憲法違反を推し進めることはできても、私たちの反対の声を止めることはできない」と述べ、よみやま候補の勝利と、党躍進の先頭に立って奮闘する決意を述べると、「そうだ!」の声と拍手が起こりました。

 参加者は「原発を止めてほしい」「介護職員の待遇改善を」「軍事費を削って福祉に予算を」などと求めました。(しんぶん赤旗 2016年4月18日)