2016年4月21日木曜日

北九州で宣伝・懇談





 日本共産党の、いせだ良子参院比例予定候補は4月21日、北九州市入りし、小倉南、門司両区の各地の街頭で訴えました。

 小倉南区では、山手うたう会のメンバーと懇談。元会員を含む25人が参加しました。

 いせだ候補は、熊本地震でただちに現地調査をし、住民から聞き取った内容を紹介。「参院選は、安倍政権を倒し、消費税の増税を廃止していく選挙ともなる。震災救援・復興への活動にも全力を尽くしたい」と訴えると、参加者が大きな拍手を送りました。

 有馬和子・同会代表は「本当に平和でなければ、楽しい歌はうたえない。会員のみなさんの胸中には、平和の願いがある」と語りました。(しんぶん赤旗 2016年4月23日)