2016年5月15日日曜日

小池書記局長迎え福岡で党演説会 しばた・いせだ氏決意 福岡

 予想される参院選投票日まで2カ月を切る中、日本共産党は各地で演説会を開いています。5月15日は13カ所で開催。小池晃書記局長が福岡市で、市田忠 義副委員長(比例候補)が北海道根室市で、国会議員と候補者が各地で、比例での共産党躍進と選挙区での勝利にむけ支援を熱くよびかけました。

福岡で小池氏
 


 「野党の勝利で安倍自公政権を少数派に追い込もう」。日本共産党福岡県委員会は、福岡国際会議場で小池晃書記局長を迎えた演説会を開き、満員の会場が熱気にあふれました。
 
 

 小池氏は、安倍自公政権による昨年9月の戦争法強行を振り返り、「立憲主義を否定する安倍政権は倒さなければなりません」と強調。戦争法を廃止し、立憲 主義を取り戻すための野党共闘の広がりに触れ、「野党統一候補が26選挙区まで広がりました。13日の4野党書記局長・幹事長会談では、衆院選でもできる 限りの協力を確認しました。安倍政権を倒すためには、この道しかありません」と訴えました。参院比例での日本共産党の躍進とともに、「安倍政権打倒のため に、増えた1議席は必ず日本共産党へ」と述べ、福岡選挙区での、しばた雅子予定候補必勝を呼びかけました。

 ママの会やシールズなどの取り組みを紹介し、「日本の歴史で初めての市民革命的な動きが、今、大きなうねりとなっています」と小池氏。「今、立ち上がら ずして、いつ立ち上がるのかという時です。私たちの子どもたちや孫の世代に、あの選挙で、日本の政治の流れが変わった、みんなの命が守れたと、胸脹れるよ うな、そういう選挙にしようではありませんか」と呼びかけると、参加者は「がんばろう」の声と大きな拍手で応えました。

しばた選挙区・いせだ比例予定候補が決意


演説会では、「ママの会@福岡」の母親が子どもと手をつないで登壇し、「今から、この瞬間から、この選挙から、日本を変えていきたい」と声を詰まらせながら訴えると、「がんばろう」の声が会場から返りました。「立憲主義を踏みにじる安倍政権を許さない。戦後最悪の安倍政権を打倒するまで力をあわせよう」と訴えた小池書記局長に、大きな拍手で応えました。


公明党が24年ぶりに候補者を立てるなど、大激戦の参院福岡選挙区(定数3)。日本共産党のしばた雅子予定候補は、「福岡で日本共産党が議席を獲得することが、戦争法廃止、立憲主義を取り戻す確かな力です」と表明。いせだ良子参院比例予定候補は「私には国会に届けたい九州・沖縄の声がたくさんあります」と訴えました。


 現職自衛官の父親で昨年7月から毎週、福岡と北九州で安保法反対のスタンデイングを続ける富山正樹さん(52)が、「野党共闘を成功させ、自由と個人の尊厳を守る政治を実現するために、私もともに歩みたい」と熱弁。「ママの会@福岡」の宮下彩共同代表(37)は、「この瞬間にも世界では子どもたちが(戦争で)殺されている。ふつうのママが声をあげることが大事、政党のみなさんと一緒に平和を守っていく」と語りました。

 九州電力本店前で5年間、「原発なくせ」と座り込みを続けている青柳行信さん(69)が、「共産党は、安倍政権に立ち向かう確かな道筋を示している」と語りました。

 ママの会のメンバーに誘われ、1歳の息子を連れて参加した福岡市の女性(27)は「戦争する国になることは望みません。野党でがっちり腕を組んで安倍政権を倒してほしい」と語りました。演説会は初めてという男性(22)は「政治のことを知らず選挙も行かなかった自分が恥ずかしい。戦争のない社会をつくるため選挙に行き、周囲の人にも働きかけることのできる人間になりたい」と語り、初任給の一部を募金しました。(しんぶん赤旗 2016年5月16日)