2016年5月26日木曜日

子どもを戦争に送らない いせだ予定候補がママらと懇談

日本共産党の、いせだ良子参院比例予定候補は5月26日、福岡県久留米市で新日本婦人の会のつどいやママの会との懇談会に出席しました。

 いせだ予定候補は、新婦人久留米支部のつどいで「市民と野党が共闘して政権を倒す歴史的選挙。母親たちの活動も広がっている。市民と力を合わせてきた日本共産党が今こそ大きくなる時と訴えぬく」とあいさつしました。

 ママの会@久留米の母親らと懇談で参加者からは「(15日の小池晃書記局長を迎えた演説会が)人生初の演説会でした。政治にアンテナを張るといろんな情報が入ってくる。生活の中に政治があるような活動を広げていきたい」「『国民連合政府』というのはなんでしょうか」と意見や質問がだされました。参加した女性(30)は「批判だけでなく後の構想まであってとてもいい。同じ子育て世代として子どもたちを戦争に行かせないためがんばってほしい」と話しました。

 党の演説会ヘメッセージを寄せた筑後市と八女市を訪問し、中村征一筑後市長、橋爪隆幸八女副市長と熊本地震の救援活動などで言葉を交わしました。(しんぶん赤旗 2016年5月28日)