2016年5月3日火曜日

改憲阻止へともに いせだ、しばた両予定候補が福岡市議団と憲法記念日宣伝


 憲法記念日の5月3日、日本共産党の、いせだ良子参院比例予定候補と、しばた雅子福岡選挙区予定候補は、福岡市内3カ所で党市議団とともに街頭宣伝をしました。

 いせだ候補は、熊本地震の被災地の状況をのべ、災害を口実にした緊急事態条項追加をめざす改憲の動きを批判。「被災地で懸命に救援活動をしている自衛隊員を戦地に送るわけにはいかない。憲法を守り、いかした国づくりを進めるため、参院選で安倍政権を終わらせよう」と訴えました。

 しばた候補は、「憲法は学ぶ権利、文化的な生活を保障しています。誰もがお金の心配なく学べ、希望を持って生きられるよう国会で全力を尽くします」と語りました。

 激しい雨のなか、路線バスや乗用車のなかから手を振っての激励がおくられました。

 演説に足を止めていた男性(77)は「博多への空襲を能古島から見てよく覚えている。戦争は絶対したらいかん。(改憲阻止で)共産党に頑張ってほしい」と語りました。(しんぶん赤旗 2016年5月7日)