2016年6月18日土曜日

希望の共闘で政治変えよう 主権者の行動広がる 紙・いせだ・下町・松山氏が訴え 鹿児島



 日本共産党鹿児島県委員会は6月18日、紙智子参院議員を迎えて鹿児島市内で演説会を開きました。いせだ良子参院比例予定候補、野党統一の下町かずみ選挙区予定候補らが訴えました。

 紙議員は下町氏について「一緒にやっていける人」と紹介。市民が野党共闘を後押しし、「自分で考え自分の足で行動し自分の言葉で語る、かつてない取り組みが広がっている」と述べ、「参院選に勝ち、政治は変えられると証明しよう」と呼びかけました。

 いせだ予定候補は、長崎の元自衛官が「声を上げられない自衛官のために自分が声を上げる」と演説会で応援スピーチをしたことを紹介。「日本共産党の大躍進で国民の声を国会に届けたい」と力を込めました。


 下町予定候補は自民党の改憲草案を厳しく批判。「政治を私たち主権者の手に取り戻す」と決意をのべました。

 松山きょう子比例予定候補が訴え。野党共闘を支える市民団体「ALLかごしま」を代表し、僧侶の村上孝昭さん(33)が連帯を呼びかけました。(しんぶん赤旗 2016年6月19日)