2016年6月5日日曜日

野党勝利 共産党躍進 安倍政権退場 各地で演説会



日本の命運かかる選挙 笠井衆院議員、いせだ・山下氏が訴え 大分

 大分県の日本共産党中部地区委員会は6月5日、笠井亮衆院議員を迎えた演説会を大分市で開きました。いせだ良子参院比例予定候補と山下かい予定候補も訴え、「野党共闘の勝利と日本共産党の躍進を必ず」との呼びかけに「頑張れ」の声援と大きな拍手が送られました。

 「参院選は戦争か平和か、独裁か民主主義か日本の命運がかかった選挙だ」と切り出した笠井氏は、安倍政権が選挙公約で「改憲」を打ち出したことにふれ「必要なのは憲法を変えることでなく憲法をないがしろにする安倍政治をやめさせることだ」と指摘。選挙の争点について「安倍暴走政治の全体が問われている」とし、税金の集め方・使い方・働き方を変え、「経済にデモクラシーを」と呼びかける共産党の対案を紹介。「本気で改革を訴える共産党の躍進が政治を変える大きな力になる」と力を込めました。

 いせだ予定候補は、沖縄の米軍属による女性遺体遺棄事件にもふれ、「ママたちの誰の子どもも殺させない。誰一人戦場に送らないの心一つに参院選を勝ち抜く」、山下予定候補は「若者が安心して働ける日本をつくるため頑張る」と決意を述べました。

 来年2月の大分市議選の候補者4人、「戦争法の廃止を求める医師・歯科医師の会」「学者の会」の代表らも、参院選勝利を訴えました。(しんぶん赤旗 2016年6月6日)