2016年6月19日日曜日

沖縄 怒り・追悼6万5000人 女性暴行殺人事件 米海兵隊撤退を要求 県民大会 “もう犠牲者出さない”



 米軍属による女性暴行殺人事件に抗議する「元海兵隊員による残虐な蛮行を糾弾!被害者を追悼し、海兵隊の撤退を求める県民大会」(主催・「辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議」)が6月19日、那覇市の奥武山(おうのやま)陸上競技場で開かれました。
 
全基地撤去と新基地反対で県民がひとつになれば
被害者の父親メッセージ


 会場周辺にも人があふれ、6万5000人が参加。黒い服装に身を包み、黙とうし、犠牲となった女性を悼みました。「怒りは限界を超えた」「海兵隊は撤退を」と書かれたメッセージボードを掲げました。


女性の父親から「被害者の無念は計りしれない悲しみ、苦しみ、怒りとなっていくのです。次の被害者を出さないためにも、全基地撤去、辺野古新基地建設に反対、県民がひとつになれば可能だと思っています」とのメッセージが寄せられました。

 オール沖縄会議共同代表の呉屋守将氏は「迷い、悩みましたが、ご両親が娘を最後の犠牲者にしてくださいとおっしゃったことに勇気づけられました。彼女を最後の犠牲者とすべく具体的な有効策を講じることが、われわれに託された責務だ」と語りました。


 出席した翁長雄志知事は、女性が遺棄された場所に花を手向けた際、「心の底から『あなたを守ってあげることができなくてごめんなさい』という言葉が出ました。政治の仕組みを変えることができなかったことは、知事として痛恨の極みであり、申し訳ない」と述べました。

 その上で地位協定の抜本的な見直し、海兵隊の撤退・削減を含む基地の整理縮小、辺野古新基地建設阻止に取り組むと表明しました。

 被害女性と同世代の若者たちも思いを述べました。「オール沖縄会議」共同代表の玉城愛さんは、「彼女が奪われた生きる時間の分、責任を持って生きていきませんか」と呼びかけました。

 大会は、日米両政府に、海兵隊の撤退、日米地位協定の抜本的な改定を突き付けました。

 最後に「月桃」の歌が演奏され、参加者は口ずさみながら、女性と遺族に思いを寄せました。

 日本共産党の赤嶺政賢、藤野保史両衆院議員、いせだ良子参院比例予定候補、真栄里保比例予定候補候補も参加しました。


(しんぶん赤旗 2016年6月20日)