2016年7月11日月曜日

戦争法は必ず廃案に 伊勢田氏・柴田氏が参院選結果報告の挨拶宣伝 福岡



 参院選を日本共産党比例候補としてたたかった伊勢田良子氏と、福岡選挙区(改選数3)に挑んだ柴田雅子氏は、投開票から一夜明けた7月11日、福岡市博多区のJR博多駅前で、選挙結果を報告し、公約実現に力を尽くす決意を訴えました。

 伊勢田氏は「市民とともに野党が共闘した画期的な選挙にかかわることができて、本当に良かった」と語りました。選挙戦で3歳と6歳の2人の娘を育てる母親として「戦争法は必ず廃止に」と訴えてきたことを紹介。「戦争する国づくりを進める憲法改悪の阻止、戦争法廃止へ、ともにたたかってまいります」と力を込めました。

 柴田氏は、福岡県で党が比例得票を前回比約5万票増やしたことを強調。「多くのみなさんから安倍政権は危ない、憲法は変えないでという切実な声を聞きました」とのべ、学生の学費負担軽減や〝ブラック企業〟根絶など若者の声が届く政治への転換と併せ、引き続き頑張っていく決意を語りました。

 日本共産党の田村貴昭、真島省三両衆院議員、仁比聡平参院議員も参加し、躍進した国会議員団で安倍暴走政治ストツプへ全力をあげることを表明。雨の中、訪れた女性(66)=福岡市東区=は「生まれて初めて選挙にかかわり、自公を少数にしなければとの思いで柴田さんたち野党の3候補を応援しました。善戦した1人区も多く、やっぱり野党が共闘しないと勝てません。今後も市民の立場から野党の橋渡し役として取り組んでいきたい」と話していました。(しんぶん赤旗 2016年7月12日)